アイテム紹介 PR

高級箸を使って感動した話

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2020年に、5年間使用していた箸の先端が折れてしまったので、新しく買い直しました。

箸は毎日使うものなので、良いものを使いたいなと思っていました。
何となく、お金をかけるなら使用頻度低いものより、高いものにお金をかけたいなと思っています。

でも良い箸ってなんでしょう?
ちょっと考えてみました。

私の中での良い箸の条件
① 使いやすい
② 耐久性がある
③ メンテナンスしやすい
④ お洒落

① 使いやすい
これは最重要項目です。
使いやすいとはどうゆうことかといいますと、

・長さが適切であること。
一般的には男性は23.5㎝、21.5㎝だそうです。
利き手の親指と人差し指で直角にした時、人差指と親指を結んだ対角線の長さ(一咫=ひとあた)の1.5倍の長さが目安と言われています。

・物がつかみやすいこと。
私の場合、先端が太いと掴みにくいです。とくに魚の骨を分けるときとか苦労します。
あとは、先端の塗装がザラザラの滑り止め加工されているやつとか好きです。滑らず挟みやすい。

箸の太さとか重さとか細かいことはありますが、上記2点を重視します。

② 耐久性がある
お気に入りの箸を見つけたら、長持ちしてほしいですよねw
素材が重要になります。塗装してある箸なら、どのような塗装がされているか等も。

③ メンテナンスしやすい
箸のメンテナンスってなに?と思うかもしれませんが、どんなものでも良いものって手入れしながら長く使うのが基本だと思います。
なので、漆喰が塗ってある箸なら漆喰の塗り直しが可能であったり、塗装していない木の箸であれば、定期的に油を刷り込んだり、磨いたり。
ただ、メンテナンス出来る(修復出来る)ということは、メンテナンスフリーという訳にはいかず、デリケートであることが多いです。
箸ですと、食洗器はNGになります。

折れてしまった私の箸は、木に塗装がしてある箸でしたが、食洗器NGだったのに、それに気づかず毎日食洗器で洗っていました。温度の高い洗剤水に長時間さらされて、少しずつ痛んでしまったんでしょうね。

④ お洒落
好みのデザイン、柄であること。毎日使うものですから、お洒落なものが良いですよね。

上記の条件をリストアップして、箸を探してみましたが、全部合致するものは見つけることは出来ませんでしたw
結果として④を少し妥協しました。新たに選んだ箸は好みより素朴な感じです。

選んだ箸は、マルナオの夫婦セット 極上十六角箸というものです。
ペアで使いたかったのでw
ペアで33000円します。高いですね。
なんの番組か忘れましたがテレビで紹介されていたのでずっと気になっていました。

素材は黒檀と紫檀です。いずれも希少な木で、もう入手できない素材なので在庫限りとか。
その中でも極上十六角箸は、先端が1.5㎜と超細いので、選別して硬くて良い部分の木を使用しているそうです。
そして先端1.5㎜の細さで十六角に削れるのは、ごく僅かな職人のみとのこと。

購入した当時、ものすごく高いので調べまくった記憶があります。

論より証拠。
使ってみた感想を紹介します。

想像を超えたもので、本当に感動しました。

なんと挟みやすいことか。魚の細い骨も簡単に挟めます。
細いから豆腐もすっと切れて、簡単に挟めます。

細いのに、豆腐を挟んでも滑らないし、崩れないんです!
先端にザラザラの滑り止め加工もしてないのに。

先が細くて、滑らかなので口に入れた箸を出すときも存在感がないのです。
箸の口当たりが何とも言えなくいいんです。
質感とか、重さとか、温度とか、そういったバランスが優れているんでしょうね。
これが金属だったら、全く違った感想になると思います。

凄い箸に出会ったものだなと、しみじみ思いました。
大満足です。

私は出張が多いですが、家に帰ってきて食事をすると、いつもふと思うのです。

ああ、良い箸だなぁと。

箸一つで、幸せを感じますw

ちなみに、同じメーカーの特上 八角箸というのも後に購入しましたが、こちらは上記のような感動は得られませんでした。

先端の細さと角の違いが原因です。

こちらが2022年11月現在の我が家のマルナオの箸のラインナップ。

上:黒檀の極上十六角箸
中:紫檀の特上八角箸
下:紫檀の極上十六角箸(削り直し)

一番下の妻が使っていた紫檀の十六角箸は、去年小さな子供がかじったか何かで先端が折れてしまったので、マルナオに送って削り直してもらいました。
本当は、真ん中と同じ長さだったんです。
短くなってしまったので、妻が同じものを注文したつもりが違う箸だったというw
それが真ん中の箸です。
妻は、まさか折れてしまった箸が1.6万円もするものだったとは思わなかったそうです。

削り直して頂いた下の箸は、子供がもう少し大きくなったらプレゼントする予定です。

余談ですが、今ネットで検索してみると、ふるさと納税で7万円で購入できるんですね。
しかも、ふるさと納税としてはかなりお値打ちです。(返礼品としては10万円くらいが相場では?)
もう入手できない在庫限りの素材なので、今後徐々に値上がりしていくと思います。


以上、参考になれば幸いです。

それではまた!

ABOUT ME
haru
身の回りの何かを常にアップデートしていないとソワソワしちゃう変態なオッサンです。 家とか車とか自転車とか畑とか…。 ネタは尽きないので、時間があるときに更新していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA